こんな格安スマホは選ぶと大損

スマホでレビュー写真

 

格安スマホにしてみたいと思っている人も多いかもしれませんが、こういう人は格安スマホは選んではいけません。

 

・電話を月1時間以上使う人
・家に固定回線(フレッツ光やADSLなど)がない人
・動画や音楽を外でガンガン聴く人

 

こういう風な使い方をする人には格安スマホは合いません。実は、こういう人が格安スマホにぴったりなんです。

 

・あまりスマホでネットをしない人
・電話もあまりしない人
・家では固定回線の無線LANでネットをしている人

 

こういう人たちが格安スマホにするとスマホ代を大きく安くすることができるんです。

 

今月にいくらスマホ料金を払っていますか?電話もネットもあまりやってないというのに月1万円近くスマホ代に払っている人はかなり携帯会社に搾取されている可能性があります。

 

携帯会社はあの手この手を使って毎月高い携帯料金を払わせるよう考えています。最近登場した「かけホーダイ」なんかもそうです。電話をあまり使わない人でも強制的に入らせて毎月3千円弱も払わせているんです。

 

一度月に電話を何分するかチェックしてみてください。月に1時間も電話をしていないのであれば「かけホーダイ」に払う月額料金はムダです。

 

スマホでLTE回線で毎月どれだけネットをしますか?月に1GBも通信量を使わないというのであれば、格安スマホにしたほうがお得です。なぜなら、1GBで足りるのであれば、1GBに合ったプランを選べばその分スマホ料金が節約できるからです。

 

「MVNO」と呼ばれる携帯会社の通信網の一部を借りて月額料金を安く提供している会社が数多くあります。自社で電波をそろえるのは非常に莫大なお金がかかりますが、携帯会社の通信ネットワークを借りることができれば非常にコストを安く抑えることが可能です。

 

ですので、docomoやauなどの電話回線やLTE通信回線を安く使うことができるんです。

 

格安スマホの安さのカラクリはそういうことで、やはり本家のdocomoやauでスマホを契約している人よりは通信速度は遅くなる傾向にあります。ですが、電話の音質はクリアで普通に電話ができるレベルです。かけホーダイがなくなったとはいえ、通話料を半額にできるアプリなどもありますのでちょっと通話するけどスマホ代を安くしたいという人にはそういったアプリの活用もオススメです。

更新履歴